自動車保険の種類と役割

自動車保険には大きく分けて2つあります。
一つは強制的に加入しなければならない自賠責保険と自賠責保険でカバー出来ない範囲を補償してくれる任意保険です。
この二つは性質が似ている部分と大きく違う部分とがあります。

似ている部分は両方とも相手に対して支払われる部分です。
大きく違う部分は自賠責保険はあくまで相手の医療費に対してのみ支払われます。
つまり、被害者、加害者関係無く自分の保険から相手に規定に従って支払われます。

決して、自分の車の修理や怪我の医療費等には支払われません。
これに対して、任意保険は、基本的には相手に支払われますが、自分自身の為に支払われるものがあります。
例えば、車両保険です。

新車の場合、かなり保険料金は高くなりますが、一年目ですと、もし同じ車を中古車で買うとしたぐらいの金額が出る場合もあります。
他には、弁護士費用が出る特約がある場合もあります。
これは100パーセント相手が悪い場合にしか使えないプランと相談や訴訟等に使える場合等保険会社によって違いがありますので注意が必要です。

また、自賠責保険は補償に限度があり、保険料金も規定されています。
任意保険は補償する金額や内容もある程度、選ぶことができますし、保険料金もオプション等によってかなり変わってきます。
任意保険も自賠責保険もどちらも安くはありません。

この二つの保険は役割が違うのでそれを考えながら自賠責保険の内容を決めるのが良いでしょう。